そら豆の美味しい食べ方&栄養素|焼きそら豆・そら豆の炊き込みご飯など

旬の野菜レシピ

初夏の旬野菜「そら豆」。

先日、我が家が購入した有機野菜ボックスにも、立派なそら豆が入ってきました!

さやから出して、塩茹でするだけでも美味しいのですが、それだけではもったいない。

せっかくなので、そら豆を美味しく食べられるレシピを探してみました!

参考にしてみてください。

そら豆は鮮度が大切!

そら豆は収穫後の鮮度が落ちるスピードがとても早い野菜です。

届いてその日に食べない時は、さやからとりだし、生のままジップロックなどにいれて冷凍して保存しましょう。

冷凍の場合は1か月で使い切りましょう。

焼きそら豆

届いたその日に手間をかけずにできる焼きそら豆。

そら豆の美味しさが引き立つ食べ方です。

①そら豆をさやのままグリルに入れるか、焼き網で弱火~中火で皮が黒く焦げるまで両面を焼く。

②焼きあがったら器にとり、さやと薄皮をむき、オリーブオイルをまわしかけ、塩をパラりとかけて出来上がり。

そら豆ごはん

材料 4人前

米 3合
そら豆 300g (さや付きで900g)
酒   大さじ2
塩   小さじ1
水   米3合の水加減

作り方

  1. 米は炊く1時間前に洗って炊飯器に入れ、炊飯器の目盛りまで水を入れ、酒を加えておく。
  2. そら豆はさやから出して薄皮をむく。(あらかじめ熱湯に2,3秒つけるとむきやすくなります)
  3. そら豆と塩を加え、軽く混ぜてスイッチを入れ、普通に炊いて蒸らします。

 

そら豆のフリット

そら豆を茹でずにそのまま揚げます。

材料

そら豆 5~6本
小麦粉 30g
炭酸水 40ml
揚げ油

作り方

①そら豆はさやから出して薄皮をむく。

②ボウルに小麦粉と炭酸水をいれてよく混ぜる。(少しゆるめに)

③170度に余熱をかけた油に②の衣をつけた材料をいれ、強めの中火でからりと揚げ、塩少々をふる。

そら豆とえびのかき揚げ

材料

むきえび 100g
そら豆  100g
小麦粉  適量
揚げ油  適量


小麦粉 1/4カップ
卵 1/2個
冷水 大さじ3

作り方

①エビは背ワタをとる。そら豆は切り目を入れてから色よくゆでて薄皮をむいておく。

②衣の材料で衣をつくる。ボウルに卵を溶きほぐし冷水を加えて混ぜる。さらに小麦粉を加えてさっくり混ぜておく。

③ボウルにえびとそら豆を適量にいれ、小麦粉小さじ1くらいをまぶしてから、②の衣をからめる。
中温に熱した揚げ油で揚げる。

他にもポタージュ、パスタや春巻きなど、色々なメニューに使えます!

そら豆のポタージュ

 

そら豆の栄養

そら豆にはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カリウム、ビタミン類などが豊富に含まれています。

ビタミンB1糖質を分解しエネルギーに変換する働きをサポート
ビタミンB2糖質・脂質の代謝を促進する働きをサポート
カリウム体内の余分なナトリウムを、体の外に排泄
は筋肉を正常に動かすために必要なミネラル
ビタミンCコラーゲンの生成を促す
高い抗酸化作用
たんぱく質筋肉や内臓、皮膚などの組織を作る

 

タイトルとURLをコピーしました