ヴィーガンについて

ヴィーガンミールキット

世の中には食生活に関する色々な主義があり、その中のひとつとしてヴィーガンというものがあります。

ヴィーガンは世界中で広まっている考え方で、一般人からセレブまで多くの人が生活に取り入れています。

そして、その目的は人によって様々です。

ここでは、ヴィーガンの具体的な定義やメリット・デメリットなどをご紹介していきます。

ヴィーガンとは

ヴィーガンとは、動物性の食物を一切摂らないという主義のことです。

そこには、動物の命を搾取するべきではないという考え方が根底にあります。

ただ、現代ではその動物を守るという意味だけではなく、健康のための完全菜食主義を取り入れたり、酪農に貢献しないことで環境に配慮する人という広い定義としても、ヴィーガンという言葉が使われることが多くなっています。

ヴィーガンの定義はこちら>>英国ヴィーガン協会

ヴィーガンとベジタリアンの違い

viganイラスト

ヴィーガンと近い考え方として菜食主義者であるベジタリアンが挙げられますが、ヴィーガンはベジタリアンよりも厳密なルールとなっています。

そもそもベジタリアンはいくつもの種類に分かれ、ヴィーガンはその中のひとつです。

そして、場合によってはピュアベジタリアンと呼ばれることもあります。

多くのベジタリアンは動物や魚を食べないのが基本ですが、卵や乳製品などは食べても良いとすることがほとんどです。

それに対して、ヴィーガンでは卵や乳製品だけでなく、ハチミツさえも口に入れることはありません。

また、ベジタリアンはあくまでも食事に関する主義ですが、ヴィーガンは食事に留まらないのが特筆すべき点です。

衣類をはじめとして、生活に関するあらゆることで動物性のものを取り入れないのがルールになっています。

食事のみにヴィーガンを取り入れるのであればあまり関係はありませんが、基本的な考え方として覚えておくと良いでしょう。

ヴィーガン生活のメリット・デメリット

veganヴィーガン

メリット

一般的な肉食中心の生活からヴィーガン生活に切り替えると、食べるもののカロリーが減ります。

そのため、ダイエット効果を期待するためにヴィーガンの考え方を取り入れる人も多いです。

また、中には動物性の食材が体質的に合わないという人もいます。

なかなか肉を消化することができなかったり、乳製品に含まれる乳糖でお腹を壊しやすい人はヴィーガン生活を取り入れると、動物食の問題が解消できるかもしれません。

他にも、ヴィーガン生活を取り入れると口に入るのは植物性食品のみになりますが、その植物性食品は動物性食品よりも味が薄めです。

その薄味に慣れることで味覚が変化し、素材本来の味を楽しめるのもメリットと言えるでしょう。

味覚が鋭くなることで、身体が本当に求めている食材のみを摂れるようになる可能性もあります。

デメリット

ただ、ヴィーガン生活は良いことばかりではありません。

まず、食べることができるものの選択肢が少なくなります。

ヴィーガンの主義を取り入れるには、動物性の食材が含まれている食品は除外する必要があるからです。

特に乳や卵が含まれている食品は圧倒的に多く、また飲食店を利用する場合も同様で、ヴィーガンやベジタリアンの専門店でなければ、乳や卵まで除いた料理に出会うことはとても難しいでしょう。

そのため、自身でヴィーガン料理を用意しなければならず、自炊をすることが多くなります。

当然ながら、ヴィーガン生活では動物性のたんぱく質を摂ることができなくなります。

すると、体内では必須アミノ酸が不足する恐れがあります。

必須アミノ酸には複数の種類がありますが、その中のいくつかはヴィーガン生活では十分量摂取できないことが多く、必須アミノ酸の不足が肌荒れや、体力低下に繋がる可能性も指摘されています。

まとめ

日本でも広く認知されつつあるヴィーガン。

ファーストフードやファミレス、ミールキットなどにもヴィーガン料理が登場するなど、手軽に生活に摂り入れらるようになってきました。

日本食の歴史をたどれば、もともと肉食を忌避するヴィーガンに近い食生活だったこともあり、なじみやすい方も多いのではないでしょうか?

お寺の僧侶のための「精進料理」は、まさしくヴィーガンです。

ただ、デメリットにもあるように、身体に必要なたんぱく質の量を充分に摂取できないことで、具体的にどのような影響が出るのかは個人差があります。

ヴィーガン生活をとりいれるのであれば、身体に異常がないかを細かく確認することは大切です。

タイトルとURLをコピーしました